colorful roof

見積もりと信頼性が鍵

colorful roof

外壁塗装は予想以上に費用がかかってしまいます。慎重に行なう必要があり、見積もりや信頼性を知ることが大切です。外壁塗装は必ず行わなければならないリフォームで、手入れを怠ると家へのダメージが大きくなります。

一級の塗装技能士による屋根塗装を川口市で行ってみませんか?綺麗な塗装を依頼することができ、機能性の高い専門の塗料を塗布出来ますよ。

Read More...

劣化を防ぎ住宅を守る

屋根が劣化してきた時には

nice roof

屋根は、外壁と比べると雨風や紫外線、雪などの影響をまともに受けるため、耐久性に優れた素材が使用されています。しかしいくら耐久性に優れているとはいえ、屋根の劣化を放置しておくと雨漏りの原因になってしまいます。定期的に屋根塗装をし、メンテナンスするよう心掛けましょう。 屋根塗装というと業者にお願いするしかないと思いがちですが、急勾配の屋根でなければ梯子と安全ベルトを使用して自分で塗ることが可能です。自分で屋根塗装をすると、業者にお願いするよりも大幅に安い金額で塗装をすることができ、低コストで高品質の塗料を使用することができます。塗料には色々な種類があり、使用用途や塗る素材によって変わります。どの塗料を選んでいいかわからない場合は、塗料を販売しているショップに相談して選ぶとよいでしょう。長い時間を過ごす愛着のある我が家、自分で塗装しメンテナンスしてみてはいかがでしょうか。

セルフペイントに必要な道具と塗り方

DIYで屋根塗装を行う際に必要な道具は、安全ベルト、高圧洗浄機、塗料、シーラー(下地剤)、ローラー、マスキング材です。業者にお願いすると50〜100万円かかりますが、セルフペイントした場合10〜20万円程度でそろえることができます。 屋根塗装を始める前に、まずは高圧洗浄機で汚れやコケを落としましょう。屋根に上がる際は安全ベルトで体を固定すると安全です。最低でも2回は洗浄しましょう。重なっている部分や棟板金、隅は特に念入りな洗浄が必要です。洗浄が足りないとすぐに塗装が剥がれてしまいますので注意してください。汚れが落ちたら、破風板や鼻隠など塗装しない部分をマスキングします。下準備が終わったら、シーラーを塗りましょう。シーラーは、屋根が傷んでいたら2度塗るとよいでしょう。乾いたら、細かい部分から小さいローラーで塗装→広い部分は大きいローラーで塗装します。これを中塗りと呼びます。中塗りが乾燥したら、仕上げ塗りを同じ手順で行ってください。これで屋根塗装は完了です。塗り方が分からない場合は動画もありますので検索してみてください。

目安の把握が大切

paint colors

一戸建て住宅を建てると、殆どの場合で必要になってくる外壁塗装ですが、トラブルが起きやすいため、要点をしっかりと抑えておきましょう。目安で分かりやすい内容は、築年数を見て判断することです。

Read More...

耐久性の回復を行なう

paint colors

一戸建てに住まわれている方で、新築でも年月の経過につれて劣化していく為、外壁塗装などのリフォームが必要になってきます。外壁塗装を行なう最には、それぞれの業者の見積もりを見比べましょう。

Read More...

Related Links