見積もりと信頼性が鍵

見積もりの注意点

colorful roof

外壁塗装は実際結構費用がかかるものです。 そのために契約は慎重に行っておきたいところです。 よほどボロボロなのであれば考え物ですが、普通は医修完や二週間工事が遅れたからといってすぐに家が出目になるというようなことはありません。 さて、外壁塗装の契約をする前には必ず見積もり票を出してもらえるはずです。 この見積もり表についての注意点があります。 例えばA社とB社に見積もりを依頼したとしましょう。 A社見積もり票の項目が工事費、材料費、一般管理費の項目しかありません。 一方B社書く皇帝における費用が事細かに記載されています。 これで見積額の誤差が10万円ほどだった場合は迷わずにB社に依頼するようにしましょう。 B社のほうが信頼性という店では圧倒的に高いです。

相場を知っておく

外壁塗装は長い間教条うしているのであればいずれは必ず行っておかなければならないリフォームです。 外壁は風から家を守っているところなので、手入れを怠るとそのダメージは直接家の寿命に響いてきます。 とはいっても外壁塗装の相場ってどれくらいかあまり知られていない紋です。 一般家庭の外壁塗装の具体的な相場は40万円から100万円といったところです。 具体的には何にお金がかかっているのかというと、一つは言うまでも無く材料費です。当然塗料がないと塗装は出来ないですからね。この塗料のお金が全体の約2割といわれていますし、このグレードの差がそのまま費用の差になってきます。 後は足場の建設費、大工さんの人件費、その他の経費、後は会社の儲け分といった内容になっています。